クレジットとキャッシング

クレジットとキャッシングについて

 

ここでは、私たちの生活にすっかり馴染んでいるクレジットとキャッシングについて書いていきたいと思います。まずクレジットについてですが、クレジットとは元々は「信用」という意味で、つまりクレジットカードとは、信用によって商品を買うためのカードなのです。簡単に言うと、ツケで買って後で払うということです。お店で品物を購入してカード決済をすることが出来るので、大金を持ち歩くリスクがありません。もちろん、すぐ必要な分くらいの現金は持ちますし、カードの管理には十分注意する必要がありますが、狙われるほどの現金を持つ必要はないのです。このクレジットカードは主に、カード会社や信販会社が発行していますが、今は銀行系や流通業界系のものなど、様々なジャンルからの参入が相次いでいます。

 

クレジットカードは原則として、翌日一括返済なら利息はかかりませんが、分割払いやキャッシング機能を利用する場合は必要になります。また、ショッピングなどに利用する毎にポイントが貯まりますから、或る程度貯まれば、金券や所定の商品と交換することも出来ます。大抵のクレジットカードには旅行傷害保険もついていますし、航空会社と業務提携している会社のカードを利用すれば、利用額を貯めることによってマイルを貯めることも出来ます。しかも、殆どのカードは年会費が無料というのも嬉しいところです。先ほど書いたキャッシング機能については、一括払いで利息でも利息がつきますので注意してください。

 

次にキャッシングについてですが、キャッシングには「現金に換える」或いは「小口融資を受ける」という意味があります。実際には、信販会社・クレジットカード会社・消費者金融などのキャッシングカードを使って現金を借りるということです。キャッシング機能のついたクレジットカードでも借りることが出来ます。店頭の窓口ではもちろん、エーティーエムやキャッシュディスペンサー、消費者金融なら無人借入機で借りることが出来ます。このキャッシングカードはキャッシング機能に特化したものですから、お金を借りる以外のことは出来ませんが、先程書いたようにキャッシング機能のついたクレジットカードなら、その他にもマルチな機能がついていて、1枚で多くの用件を解決することが出来ます。但し、クレジットカードのキャッシング機能は、キャッシング専用のカードより借入限度額が少額になっているので、注意が必要です。

 

キャッシングカードは主に消費者金融から発行されていますが、近年では、その消費者金融が大手銀行の傘下に入ったり、銀行が消費者金融系の会社を設立したりといった動きも活発になっています。更に、流通系や通販系の会社の新規参入やシステムの整備により、かつての悪いイメージを脱却し、手軽で安全な金融の調達手段となりつつあります。

 

一見、区別の難しそうなクレジットとキャッシングですが、例えば多目的な活用ならクレジットカード、まとまったお金を借りるときには、キャッシングを利用すると決めておけば、上手く使い分けられるのではないでしょうか。