お金借りる 急ぎ

キャッシングを利用するときの心構えについて

 

キャッシングとは、要は利息付きで借金をするということですから、当たり前のことばかりですが、多くの心構えをしてから行うことが必要です。一部内容がダブるところもあるかもしれませんが、順不同で書いていきたいと思います。まずキャッシングでは、本来は期日通りに返すべきなのですが、どうしても返済が滞ってしまう場合には、必ずキャッシング会社に連絡をして頂きたいと思います。遅れるのはやもう得ないとしても、連絡をしないと返済の意思なしとみなされてしまいます。また、お金を借りるときには、テレビシーエムやネットの広告などで見かけない、スポーツ紙の広告や電柱のビラ、ダイレクトメール、直接電話やビラで勧誘してくるような業者は、ブラックである可能性が高いので、決して借りないようにしてください。なるべくシーエムがよく流れているような誰でも知っている大手の業者か、地域密着型でも、地域住民から高い評価を受けている業者から、借りて頂きたいと思います。殆ど広告を打たず、ビルの一室だけで営業しているような業者は、悪い業者ではないとしても、癖の強い業者かもしれませんから、借りるなと言いませんが、利用の際には
十分注意してください。

 

また消費者金融に最初に申し込んで登録すると、利用規約等の関係書類が送られてきますが、それらの書類には、読みづらくても必ず全部目を通し、全て覚えておくのは無理にしても、肝心なところは覚えておいて欲しいです。そして最初に書いたように、キャッシングは気軽に借りられるとしても、借りるのが少額だとしても、借金に変わりはないので、その意識は常に持っておいて欲しいと思います。出来れば、借りる前に返済の計画を立ててから借りると良いと思います。ですから、後で必ず返済に充てられるお金が入るアテがあるときにだけ、借りることが大切です。具体的には、毎月の給料やボーナスなどです。1番理想的なのは、給料日前やイベントの前などのピンチの際に借りるなど、借り方がいつも決まっていることです。

 

借金は、出来れば日常習慣化しないに越したことはありませんから、普段から計画的にお金を使うように心がけ、どうしてもお金が足りなくなったときだけ、キャッシングを利用して欲しいです。最初に書いたようなことにならないよう、お金は必ず期限内に返済して頂きたいと思います。消費者金融などのキャッシング業者に最初に申し込む際には、住所・氏名・電話番号・勤務先などの基本的個人情報の他、年収・借入希望額(限度額)・返済までの期間・他社から既に借り入れている場合は、その借入限度額の情報は、必ず知らせなければなりません。また借入限度額の設定は、年収の20パーセント以下であることが理想的です。これは、20パーセント以下であるからと言って、20パーセントに設定してもいいという意識ではなく、どんなに高くても20パーセントまでだという意識で捉えて欲しいと思います。最後に浪費が止められないとか、遊ぶお金はいくらあっても足りないとか、計画的にお金を使う自身がないとか、人のために散財してしまいがちであるとか、とにかくお金に関して自分をコントロールする自信のない人には、心を入れ替
えない限り、決してキャッシングは利用しないで欲しいと思います、厳しいようですが、後々のことを考えれば、それが賢明です。